大学全入時代を控えて

6年一貫でいいことばかり?

中央教育審議会は2005年7月、

「大学全入時代」が従来の予想より2年早く、2007年度に到来する」 と発表した。

少子化と大学志願率の頭打ちで 大学・短大の進学希望者数と大学の合格者総数が2007年度に同じになると試算している。

その予測に先立ち、2006年春、4年制私立大学のうち40%の大学で定員割れが起こり、短大では半分以上の大学で定員割れが起こっている。

産経新聞 06/7/25

私大定員割れ40% 今春 地域・規模 進む二極化 

今春の入試で、入学者が定員に満たなかった4年制私立大学の割合が前年度の29・5%から40・4%に急増し、過去最高となったことが、日本私立学校 振興・共済事業団の調べで分かった。

542校中160校(29.5%)が定員割れした前年度から62校も増加した。

定員割れ率は99年度に10%を突破。00年度から30%前後をたどり、今年 度初めて4割を超えた。

また、定員の5割にも満たない学校は前年度から3校増えて20校(3.6%) となった。   しかし、入学定員3000人以上のマンモス大学(23校)だけを見ると、志願 倍率は10倍を超え、志願者数も約5万人増加。全体の約4%のマンモス大で志 願者全体の約45%を占めている状況だ。

学生数の規模や地域における人気の格差は拡大。中規模以下の大学の定員充足率 が大幅に悪化する半面、大規模大学はあまり変動がなかった。

定員割れが常態化している大学と志願倍率が10倍を越える大学。 全体の4%のマンモス大学が志願者全体の45%を占める状況。

まさに今の世の中で言われる「富める者とそうでない者」という二極化、わかりやすく言えば、「勝ち組と負け組」が大学の志願状況にも表れているといえそうです。

のちの詳しく掲載していきますが、2006年高校別東大合格者数の20位までのうち、公立高校は3校、国立が3校、私立は17校という結果が出ました。東大のみならず、難関大学への合格者は私立の中高一貫校の一人勝ち状態。

これが公立の中高一貫校が全国でものすごい勢いで設立されている今を取り巻く風景である。

「大学全入時代」と「中高一貫」ブーム。私立中高一貫校の難関校独占。

今の子供たちには、どんな未来が待ち受けているのか。

雨後の竹の子のごとく設立される「公立中高一貫校」を軸にこれから一緒に考えていきましょう。

記事を読む   大学全入時代を控えて

公立中高一貫校の傾向その1

学力検査をせずに子供の学力を把握する??

まずは東京の九段中等教育学校の適性検査の問題を見てみましょう。

九段中等教育学校H18年適性検査2
18kudan.gif

九段中等教育学校H19年適性検査1
19kudan.gif

いかがでしょうか。各学校がそれぞれ工夫して「知識」そのものを聞く問題ではなく、「なぜそうなるのか」という問題を出題しています。九段中等教育学校もまさにそういう問題になっています。

ベネッセの教育開発センターの主席研究員鎌田恵太郎氏によれば、2005年度の公立中高一貫校の入試を精査し、問題を解く際に必要な知識・理解がどの教科と関連があるかを調べたところ、
国語19.2%
社会15.1%
算数22.9%
理科14.6%
家庭科/図工2.2%
道徳1.8%
特別活動7.8%
総合的な学習時間16.1%

となっているそうです。各教科満遍なく配置されていることは、この数値によってよくわかるのですが、目を見張るのが「総合的な学習」から16%近くの出題がなされているということ。単なる知識の集積としての解答ではなく、資料や図や写真から読み取ったり、身のまわりの自然の「なぜ?」を適性検査では問われているわけです。こういった問題には付け焼刃の知識では解答できません。ありきたりですが、普段から身のまわりのことに関心を持ち、好奇心を持って「なぜ?」を考えていく。ある意味では小さい頃からの家庭環境が問われていると言ってもいいでしょう。

記事を読む   公立中高一貫校の傾向その1

公立中高一貫校の傾向その2

学力検査をせずに子供の学力を把握する??

引き続いて、公立一貫校の入試問題を見ていただきましょう。ここで取り上げる問題はもっとも公立中高一貫校らしい問題といえるでしょう。最初に取り上げたのは、バーコードの問題です。身のまわりにある、また学校などでも頻繁に取り上げられるテーマでもあるでしょう。

平成19年度 沼津市立沼津高等学校中等部入学者選抜考査 総合適性検査問題Ⅰ 問題BH19.gif

ここでは自分の意見を述べ、かつ答えにたどりつくまでの道筋を考えさせる問題が組み合わされています。この問題は覆面算とも呼ばれ、その意味するところを読み取る数学的なセンスが求められます。公立中高一貫校では、この手の問題が多く出題されています。また、なぜそうなるのかを説明させる問題もよく出題されます。

もう1つは、平成18年度 沼津市立沼津高等学校中等部入学者選抜考査   総合適性検査問題Ⅰ

記事を読む   公立中高一貫校の傾向その2

2014熊本県立中学校の入試概要

熊本県の公立中高一貫校

出願資格:熊本県内に保護者とともに居住する者、又は入学日までに保護者とともに熊本県内に転居し入学後も引き続き県内から通学することが確実な者

通学区域は熊本県下全域
出願は1校限り

募集定員:
熊本県立玉名高等学校附属中学校  1学年2学級80人
熊本県立宇土中学校  1学年2学級80人
熊本県立八代中学校 1学年2学級 80人

選抜実施日:平成26年1月12日(日)
合格発表日:平成26年1月23日(木)
入学意思確認書提出期間:平成26年 1月24日(金)~ 1月29日(水)

記事を読む   2014熊本県立中学校の入試概要

2014年度長野県立中学校の入試結果

長野県の公立中高一貫校

平成26年度の長野県内の県立中学校の適性検査Ⅰ開始時点の受検者数は、

屋代高等学校附属中学校
募集定員80名に対して
男子受験者数206名(昨年平成25年度221名)
女子受験者数199名(昨年平成25年度222名)
合計受験者数405名(昨年平成25年度443名)
競争倍率5.06倍( 昨年平成25年度5.54倍)

新設の諏訪清陵高等学校附属中学校の適性検査Ⅰ開始時点の受検者数は、

記事を読む   2014年度長野県立 ...

2014年度長野県立中学校の入試要項

長野県の公立中高一貫校

通学区域
2014年度の長野県内の県立中学校の入試要項が明らかになりました。

長野県立中学校の通学区域は長野県内全域で、募集定員は
長野県屋代高等学校附属中学校  定員80 名
長野県諏訪清陵高等学校附属中学校(仮称)  定員80名

で、募集定員は、男女同数を基本としています。

適性検査等の実施日は平成25年12月7日(土)
合格者の発表期日は、平成25年12月16日(月)
入学確約書の提出期限は平成25年12月24 日(火)

記事を読む   2014年度長野県立 ...

2014神奈川県立中等教育学校 入試日程

神奈川県の公立中高一貫校

平成26年度の神奈川県立中等教育学校の入学者の募集及び決定の日程が発表されました。

志願受付期間:平成26年1月8日(水)から10日(金)まで
検査の期日:平成26年2月3日(月)
※適性検査及びグループ活動による検査

合格者発表:平成26年2月10日(月)
※合否決定は、検査の結果及び志願者が提出した調査書による総合的選考を行い、選考結果が上位の者から男女各80 名を合格者として決定

募集定員は、
相模原中等教育学校が160名(男女各80名)
平塚中等教育学校が160名(男女各80名)

受験生は相模原中等教育学校又は平塚中等教育学校のいずれか1校を受験できます。

記事を読む   2014神奈川県立 ...

2013都立中高一貫校の入試状況

東京都の都立中高一貫校

2013年度の東京都立中等教育学校及び東京都立中学校の志願状況は以下のとおりです。

学校 募集定員合計 志願者数合計 競争倍率
小石川中等教育 155 981 6.33
白鴎高等学校附属 144 1,242 8.63
両国高等学校附属 120 978 8.15
桜修館中等教育 160 1,501 9.38
富士高等学校附属 120 774 6.45
大泉高等学校附属 120 1,141 9.51
南多摩中等教育 160 1,179 7.37
立川国際中等教育 130 828 6.37
武蔵高等学校附属 120 736 6.13
三鷹中等教育 160 1,223 7.64

全体の入試状況は一般枠の募集定員合計1,389人に対して、男子の志願者は4,888人(昨年2012年度4,612人)、女子の志願者は5,695人(昨年2012年度5,235人)で男女合計の志願者数は10,583人となり、昨年よりも736人増えました。
一般枠の平均倍率は7.62倍で昨年の7.09倍を越えました。

また、特別枠募集は小石川中等教育学校と白鴎高等学校附属中学で実施され、募集定員21人に対して応募者数は男子が45人、女子が56人で合計応募者は101人で、平均倍率は4.81倍となっています。

以下、各中学校別の一般枠募集の男子別の志願状況です。

学校 男子 女子
募集定員 志願者数 競争倍率 募集定員 志願者数 競争倍率
両国高等学校附属 60 463 7.72 60 515 8.58
桜修館中等教育 80 649 8.11 80 852 10.65
富士高等学校附属 60 356 5.93 60 418 6.97
大泉高等学校附属 60 505 8.42 60 636 10.60
南多摩中等教育 80 523 6.54 80 656 8.20
立川国際中等教育 65 360 5.54 65 468 7.20
武蔵高等学校附属 60 379 6.32 60 357 5.95
三鷹中等教育 80 608 7.60 80 615 7.69

記事を読む   2013都立中高一貫校の入試状況

2014年度埼玉県立伊奈学園中学校 入試日程

埼玉県の公立中高一貫校

平成26年(2014年)度の埼玉県立伊奈学園中学校の入学者選考に係わる日程は以下のとおりです。

転居等による特別な出願資格の承認:平成25年11月25日(月)~29日(金)
入学願書の受付:平成25年12月25日(水)、26日(木)正午まで

第一次選考試験:平成26年1月12日(日)
第一次選考結果発表:平成26年1月20日(月)までに発送・1月21日(火)ホームページ公開

第二次選考試験:平成26年1月25日(土)
入学許可候補者発表:平成26年1月29日(水)までに発送・1月30日(木)ホームページ公開

入学確認書の提出:平成26年2月3日(月)、4日(火)正午まで
補欠合格の意志確認:平成26年2月5日(水)~12日(水)

記事を読む   2014年度埼玉 ...

2013年度埼玉県立伊奈学園中学校 志願状況

埼玉県の公立中高一貫校

平成25年(2013年)度の埼玉県立伊奈学園中学校の志願状況が発表されました。

募集人員80人
第一次選考受験者704人
第二次選考受験者227人
実質倍率8.8倍

記事を読む   2013年度埼玉県立 ...

2014県立芦屋国際中等教育学校 入試日程

兵庫県の公立中高一貫校

兵庫県内の県立芦屋国際中等教育学校の平成26年度の入学者選考日程が発表されました。

願書受付は平成26年1月14日(火)~ 1月17日(金)

選考日(面接及び作文)は平成26年2月1日(土)
合格者発表は平成26年2月6日(木)

となっています。

記事を読む   2014県立芦屋国際 ...

2013兵庫県立芦屋国際中等教育学校の志願状況

兵庫県の公立中高一貫校

平成25年度の兵庫県立芦屋国際中等教育学校の志願状況が発表されました。

数値は平成25年2月2日の確定版です。

2013年度
募集人数80名
志願者数368人
受験者数335人(前年2012年度受験者数333人)
志願倍率4.12倍

受験者数335人の内訳
◆日本語や日本文化への理解が不十分な外国人児童(定員30人)
2013受験者数82人(2012年度受験者数67 人)
合格者数30人 実質倍率2.73倍

◆海外から帰国した児童(定員30人)
2013受験者数41人(2012年度受験者数42人)
合格者数30人 実質倍率1.37倍

◆教育目標を理解し、留学や海外での生活等を目指して特に入学を希望する児童(定員20人)
2013受験者数212人(2012年度受験者数224人)
合格者数20人 実質倍率10.6倍

記事を読む   2013兵庫県立芦屋 ...

PAGE TOP