7、学力検査をせずに子供の学力を把握する??

chuko_5point_bottom

公立中高一貫校について、文部科学省の見解として、

「公立の中等教育学校及び併設型中学校では、入学者の決定に当たって、学力検査を行わないこととしている」

となっています。

学力検査は行わないが、例えば,「面接,実技,推薦,抽選等の方法を組み合わせて行われる」こととなるというのも、文部科学省の見解。

しかし、戦後の歴史を振り返ってみても、共通一次テストからセンター試験への改革、学校群・総合選抜制の改革、ゆとり教育の導入など、文部科学省が主導してきた改革で当初の目的を果たした改革は皆無に等しいといわれています。

偏差値による大学の序列化や公立高校の没落、学力低下など、文部科学省が政策の舵を切ったその後、必ず最初の目的とはまったく逆の目を覆うばかりの結果が待ち受けていることを経験してきたわけです。

学費の安い公立の中高一貫校に大いに期待したいと思う。

しかし、これまで最初の目的とはぜんぜん違う方向に向かってきた愚かなな史というものもあるということを知ったうえで、考えていかないといけないと思うのです。


我が子はモルモットではありません。特に、これから公立の中高一貫校に子供を預けようとする方は、まだ結果が出ていない学校に子供を預けるわけですから、調べるにしても、調べすぎということはないはずです。

公立の中高一貫校が導入される際、

「学力検査を課さずに子供の学力を把握することはできるのか」という問題が議論されました。

せっかく6年間の一貫体制を取るにしても、入学者のレベルが低ければ、意味がないのではないか?

そこまであからさまな話ではないにしても、常に受け入れ側からは、文科省から命じられた学力検査を禁止を念頭に「入学者の学力が低下するのではないか」という問題が提起されてきたわけです。

そこで公立の中高一貫校は、学力検査によらない「総合適性検査」という名のテストを編み出したのでした。

総合適性検査は、学力検査ではないのか?

各県で作成されている「中高一貫教育推進会議」での議事録にいくつか目を通してみましたが、「総合適性検査は、学力検査ではないのか?」やこれら矛盾点について言及している個所は見当たりませんでした。

日本の役所の横並び意識からすれば、おそらく作文と適性試験が一般的になっていくと思われます。数年して、学力検査を課さないという最初の考えがどう変容していくのか、また解釈だけ変えながら、どのように変遷していくのかを見つめていきたいと思っています。

ネットで読むことができる報告書

宮崎県中高一貫教育校設置推進協議会概要

※宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校においては,調査書,集団面接,グループ活動等の適性検査,抽選により入学者を決定しているようです

「和歌山県中高一貫教育推進懇談会報告書」

神奈川県の中高一貫教育についての研究報告(概要)


PAGE TOP