東京の公立中高一貫校人気は下降?[中学受験合格言コラム]

2007年02月07日 livedoorニュース
中学受験人気を象徴していた東京の公立中高一貫校人気に、少し変化が出ている。というのも今年は事前の書類審査制度をなくしたにも関わらず、トータルで6,061名の応募数と、昨年の6,670名に609名及ばなかったからだ。つまり、約10%減少したことになる。

このうち、もっとも減少が大きかったのは、上位の私立併願が相当多くなりそうな都立小石川中等教育学校で、前年に比べると474名と大幅に減少した。しかし絶対数で減少したといっても、応募数1,433名と都の中高一貫校のなかでは最大多数となっており、前の年が2桁の倍率であったことを考えれば、男子9.6倍、女子8.3倍となり、確かに緩和したものの、相変わらずの厳しい入試状況である。

次いで減少幅が前年比78%、338名減となった都立桜修館中等教育学校も、昨年2桁であった女子の倍率が8.9倍となり緩和したものの、男子は昨年の8倍が今年は6.2倍となり、人気は確かに下降したといえる。

さらに、前年比約10%、130名減の都立両国高等学校附属中学校も、実は昨年は2桁の倍率であったが、今年は男子9.3倍、女子10.2倍と十分に高い倍率をキープしている。

つまり減少したといっても2桁の倍率をもつ学校が敬遠された、という意味合いが強い。

逆に増加したところは都立白鴎高等学校附属中学校、千代田区立九段中等教育学校の2校で、白鴎は昨年の落ち込みがひどく、ほかの4校が新設で白鴎は2年目となり話題にのぼりにくかった。つまり2年目のジンクスというべき状況があった。いわば復調というべきだろう。

一方の九段についてはB区分(千代田区民以外)で10%増となっており、しかも昨年も2桁の倍率であったことを考えると、まさに人気が継続的に推移している。

つまり都(区立)の中高一貫校のなかでは九段のみが昨年に続く人気上昇といえる。ところで、男女別にみると、その九段も女子が前年比112%、54名増に対し、男子は前年比104%、15名増と実質は女子の増加分である。実はほかの応募状況も同じなのだが、都の中高一貫校は女子の応募数が男子より多めになっている。

しかし、そのなかで小石川だけは、昨年男子が961名に対し女子が946名と男子が多かったし、今年はその差がさらに開いて、男子769名に対し女子が664名と男子のほうが100名近く多くなっている。

こうして都の中高一貫校5校は、前予想の10数倍という事態は避けられたものの、全体としてみれば、高値安定の高倍率の入試状況に変わりはない。

今年初めての募集となった、さいたま市立浦和は男子23倍、女子27倍、千葉市立稲毛は男子17倍、女子23倍と、入試というより抽選なみの倍率だ。応募数も1,600名から1,900名と大規模な入試となった。これは従来あった国立大付属などと比べ、かなりの人気であり、学力試験でない適性検査という形式がここまでの応募数に結びついていることがわかる。


PAGE TOP