2008年春 公立中高一貫校の入試問題

chuko_5point_bottom

平成20年度入学者選抜適性検査

公立の中高一貫校は、受験競争の低年齢化を招かないようにという文部科学省の通達により、いわゆる「学力検査」は行わないとなっています。これは、学校教育法施行規則でも定めてられている立派な規則。よって、私立の中高一貫校が入試で出題するような小学校の学習指導要領を越えた内容は出題しないのが建前となっています。

もちろん、だからといって入試がないわけではなく、学力検査の代わりに適性検査が実施されます。

しかし、この適性検査がまた難題です。例えば、読売新聞で要約が出ていましたが、こういう問題が問われています。

【公立中高一貫校で出題された適性検査の例】(要約)


東京・小石川中等教育学校
■ゼリーの上に生のパイナップルを置くとゼラチンを分解し、ゼリーがとけてしまう。ゼリーが崩れたほかの説明を考え、その説明が正しくないことを確かめる実験とは?

千葉・千葉中学校
■障害者用駐車場にカラーコーンを置くことへの賛否とその理由、自分とは反対の意見の人の理由を書く。

東京・桜修館中等教育学校
■身近な水を例に「水のかたち」という題で考えを書く。

新潟県統一検査
■「地域が元気になる交流会」の計画を立てて意見を発表、グループでよいところを取り入れるよう話し合う。


いかがですか? 骨が折れるでしょう?

このほかにも公立中高一貫校では出題した適性検査の問題を公開している学校が多くありますから、ぜひ一度まずは親の方が問題を見て、実際に解いておいてみてほしいと思います。

そうすることで、家庭で親がどう子供に問いかけていくことが必要なのかがわかります。

公立中高一貫校の適性検査の問題は、すぐに適応できない子供も多くいますので、早めの準備が必要と思います。しかし、くれぐれも私立の中高一貫校で出題される問題とは明らかに傾向が違いますから、お気をつけください。

以下、全国の公立中高一貫校の適性検査問題の紹介です。

さいたま市立浦和中学校

東京都立桜修館中等教育学校

東京都立両国高等学校附属中学校

東京都立小石川中等教育学校 適性検査Ⅱ

東京都立小石川中等教育学校 適性検査Ⅲ

東京都立小石川中等教育学校 解答例

平成20年度 和歌山県立古佐田丘中学校適性検査問題等

平成20年度 和歌山県立桐蔭中学校

岡山県立倉敷天城中学校適性検査Ⅰ

岡山県立倉敷天城中学校適性検査Ⅱ

千代田区立九段中等教育学校

こうやって1つ1つ見ていくのが面倒な人は、どーーんと問題集がオススメです。今年の適性問題は今年のうちに手にしておかないと来年はもう手に入らないかもしれません・・・

公立中高一貫校適性検査問題集 全国版


PAGE TOP