2010年度宮崎県都城泉ヶ丘中学校新設

宮崎県内ではすでに県立の中高一貫校として、五ケ瀬中等教育学校、宮崎西高付属中の2校がありますが、3校目として、都城泉ヶ丘高等学校(1学年40名)を平成22年度に併設すると宮崎県教委が発表しました。

宮崎県都城泉ヶ丘中学校は県立都城泉ケ丘高の空き教室を活用して中高一貫教育とし、原則として同高理数科に進学できます。

入試は2010年1月16日

>宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校 過去の適性検査

>宮崎県立宮崎西高校付属中学校 平成21年度の適性検査

宮崎西高等学校附属中学校 入試倍率 定員80名
平成21年度  366名受検(4.58倍) ※平成21年入学予定者
平成20年度  431名受検(5.39倍) ※現・中学1年生
平成19年度  585名受検(7.31倍) ※現・中学2年生

都城泉ヶ丘高等学校付属中学校の設置理念:
(1) 自然に包まれた都市の豊かな教育環境のもと、ふるさとみやざきへの誇りをもち、たくましく魅力あふれる人材の育成を目指す。
(2) 自然・人文・社会に関する事象への旺盛な探究心や、高い科学的洞察力を備えた人材の育成を目指す。
(3) 郷土の産業や医療等の中核となる人材はもとより、次代の日本や世界を切り拓く人材の育成を目指す。

県立中学校から高等学校への接続
中学校から高等学校への接続については、都城泉ヶ丘高等学校理数科への接続を原則とする。

中高6年間を見通した学習展開
基礎期(中1、中2段階)、充実期(中3、高1段階)、発展期(高2、高3段階)のステップのもと、自己実現につながる確かな力を育成する。

少人数指導の充実
少人数指導による個に応じたきめ細かな指導のもと、基礎・基本の徹底を図るとともに、探究型の学習をとおしてトップレベルの確かな学力を身に付けさせる。

なお、開設準備として、平成21年度に都城泉ヶ丘高等学校に新設県立中学校開設準備委員会(学校
政策課分室)を設置し、開校に必要な所用の準備に当たることになっています。


PAGE TOP