2010都立中高一貫一般枠 志願状況まとめ

2010年の入試では東京都立の中高一貫校4校が一気に新設されました。今年新設された大泉高校附属中学校(練馬区)、富士高校附属中学校(中野区)、三鷹中等教育学校(三鷹市)、南多摩中等教育学校(八王子市)の4校で、東京都内には合わせて公立中高一貫校が11校となったわけです。

多くの公立中高一貫校が設立された結果、入学志願者も地域ごとに分散され、既存の都立・区立中高一貫校7校は、いずれも昨年より応募者数が減少、特に多摩地区にある都立武蔵高校附属中学校(武蔵野市)と、立川国際中等教育学校(立川市)は、新設される学校と地域的に競合するため、いずれも大幅な応募者減となりました。

以下、2010年度入試の数値を改めてまとめてみました。


( )は昨年2009年度の数値

学校名 募集人員 応募人員 最終応募倍率
小石川中等教育 79 80 159 622  (678 ) 508  (554 ) 1,130  (1,232 ) 7.29  (7.95 )
白鴎高等学校附属 72 72 144 400 (445 ) 613 (590 ) 1,013  (1,035 ) 7.03  (7.19 )
両国高等学校附属 60 60 120 486 (518 ) 494 (568 ) 980  (1,086 ) 8.17  (9.05 )
桜修館中等教育 80 80 160 386  (416 ) 586  (608 ) 972  (1,024 ) 6.08  (6.40 )
富士高等学校附属 60 60 120 219 246 465 3.88
大泉高等学校附属 60 60 120 497 594 1,091 9.09
南多摩中等教育 80 80 160 682 877 1,559 9.74
立川国際中等教育 65 65 130 297 (489 ) 501 (823 ) 798  (1,312 ) 6.14  (10.09 )
武蔵高等学校附属 60 60 120 486  (723 ) 438  (658 ) 924  (1,381 ) 7.70  (11.51 )
三鷹中等教育 80 80 160 507 482 989 6.18
合計 696 697 1,393 38 30 68 3.24  (3.14 )

PAGE TOP