屋代高等学校附属中学校(仮称)の入学者選抜適性検査(試行)

chuko_5point_bottom

長野県内では初の併設型中高一貫公立校として、2012年4月に開校予定の屋代高等学校附属中学校(仮称)で、入学者選抜適性検査(試行)が平成22年12月11日実施されました。

検査問題、解答用紙、正答・正答例はこちら

屋代高等学校附属中学校(仮称)で、入学者(試行) 選抜適性検査の作成方針は以下の通りです。

全般的な作成方針
1 学習指導要領に基づき,入学後に求められる思考力,判断力,表現力等をみることができる総合的な問題を作成する。

2 相手や目的,状況を読み解き,身の回りの環境や社会に積極的に働きかけていくことへの適性をみることができる問題を作成する。

3 問題解決のために必要な情報を収集,整理し,筋道立てて考えたり自分の考えを表現したりすることへの適性をみることができる問題を作成する。

各適性検査(試行)問題の作成方針と各問のねらい
適性検査Ⅰ(試行)  作成方針
1 文章や資料(図表,地図,グラフ等)をもとに必要な情報を整理,選択して,思考し,判断する学習の状況がみえるようにする。

2 生活場面や学習場面を想定する中で,相手や目的,状況を読み解き,課題を明確にして,解決方法を考え,適切に表現する学習の状況がみえるようにする。

3 ある程度の長さの文章を読み,目的に応じて内容を的確に押さえ,内容にかかわる自分の考えを条件にしたがってまとめることで,思考し,表現する学習の状況がみえるようにする。

[各問のねらい]
1 学校に弁当を持参する日にかかわり,資料(表や会話文)から必要な情報を整理,選択して,思考し,判断する力を総合的にみようとした。

2 長野県の地理や観光にかかわり,資料(会話文,図,表,グラフ)から必要な情報を整理,選択して,思考し,判断する力を総合的にみようとした。

3 小学校1年生との交流会を準備していく小学校6年生の特別活動(学級活動)にかかわり,相手や目的,状況を読み解き,課題を明確にして,解決方法を考え,適切に表現する力を総合的にみようとした。

4 齊藤慶輔氏の著書「野生動物のお医者さん」の一部について,筆者の働く姿や仕事への思いをとらえ,その上で自分の「将来の夢」を条件にしたがってまとめることにより,思考し,表現する力を総合的にみようとした。

適性検査Ⅱ(試行)  作成方針
1 図や表,グラフなど複数の資料をもとに必要な情報を選択,処理する中で,見通しをもち筋道立てて思考,判断,表現する学習の状況がみえるようにする。

2 身の回りの事象について,事実を観察,整理したり,図や表,グラフなどに表現,処理したりする中で,根拠をもとに思考,判断,表現する学習の状況がみえるようにする。

3 得られた情報を整理,活用し,実験や観察などの方法や結果を振り返ったり解釈したりする中で,事実を関連付けて思考,判断,表現する学習の状況がみえるようにする。

[各問のねらい]
1 バスの路線図や時刻表,料金表から必要な情報を選択,処理し,筋道立てて思考する力を総合的にみようとした。

2 割合,電気,立体についての基礎的・基本的な知識及び技能を活用して,事実を判断したり表現したりする力を総合的にみようとした。

3 卵からメダカにかえるまでの日数について,観察結果をまとめた表をもとにグラフに表現し,比較して,事実を関連付けて思考する力を総合的にみようとした。

4 物の浮き沈みについての情報を整理,活用して見通しをもち,根拠をもとに結果を思考する力を総合的にみようとした。


PAGE TOP