神奈川県公立中高一貫校の入試日程

神奈川県の公立中高一貫校

神奈川県教委は、県内初の公立中高一貫校平塚中等教育学校と相模原中等教育学校の2校の入試を2009年2月1日に適性検査と作文を行い、7日にグループ活動を行うと発表した。

2月1日は東京と神奈川の私立中学入試の解禁日で有名中の試験が集中している日で、なおかつ来年2009年2月1日は日曜日でサンデーショックの年。高校教育課は「2校とも競争率が20倍近くになると予想しており、平日に入試を行うと小学校の授業が成り立たなくなる恐れがある」と説明している。
 
県内私学は申し合わせで試験解禁日を2月1日にしており、今春入試では公募校の7割超の42校が1日に試験を行った。

県私学協会の高木茂理事長は「私学間では暗黙の了解で試験日程をずらすなどしてすみ分けをしてきた。二十年ほどかけてつくり上げてきた慣例が崩れる恐れがある」と指摘、「保護者にとっては、公立の合格発表が遅いため先に合格した私学への入学金負担も増す」と懸念した。

Q:入学者の決定でグループ活動を資料とする理由はなんですか?

神奈川県の答え:
中等教育学校のねらいの一つとして「異年齢集団での活動などを通じて相手を思いやる心を養い、人間性豊かな人材の育成」があります。そのための「よりよい人間関係を築くための基礎的な力と、自己を表現するための基礎的な力」を測ることを目的に実施します。

中等教育学校の授業料は?
神奈川県の答え:
公立の中等教育学校の前期課程においては授業料は徴収しません。後期課程については,公立の高等学校と同様に授業料を徴収する予定です。なお、教材費等、教育活動に係る諸費用が別途必要となります。

記事を読む   神奈川県公立中高一貫校の入試日程

神奈川 県立中等教育学校(中高一貫教育)の説明会

神奈川県の公立中高一貫校

2007/10/28 神奈川新聞社
 二〇〇九年四月に開校を予定している県立中等教育学校(中高一貫教育校)の学校説明会が二十七日、平塚市大原の県立大原高校(望月正大校長)で開かれ、対象となる小学五年生や保護者ら約八百六十人が出席した。二十八日も同校で三回に分けて開催する。県教育委員会の主催。

 県立中等教育学校は六年間、一体的に中高一貫教育を行う県内初の公立中高一貫教育校で、大原高校と相模大野高校が再編、移行する予定。

 体育館で行われた説明会で県教委の担当者は、一学年四学級で男女各八十人規模になることや、二〇一一年度まで高校も新入生を受け入れることなどを説明した。

 また、学力検査の代わりに、二日間に分けて実施する適性検査と作文、グループ活動、それに調査書の計四つの材料で入学者を決定することも解説され、具体的な出題例・解答例が示された。望月校長からは六年間同じ制服を着用することなどの説明があった。

 会場からは志願倍率への不安のほか、検査日程やグループ活動の人数などについて質問が寄せられたが、具体的には来夏に発表される募集要項で明らかになるという。

 県教委主催の説明会は十月十四日から県内各地で開催され、十一月四、十一の両日は相模大野高校でも行われる。

記事を読む   神奈川 県立中等 ...

横浜国大付属中と県立高が連携教育=神奈川

神奈川県の公立中高一貫校

2007年06月28日  内外教育研究会
 神奈川県教育委員会は、横浜国立大学・同付属中学校と、県立高校の連携教育を行うことを決めた。2012年度から、県立光陵高校に横浜国大付属横浜中学校から1クラス40人の生徒を受け入れる。今後、光陵高から横浜国大への推薦入学枠の導入も検討する。計画的で継続的な教育活動ができるようにするのが狙いだ。

 国立大学付属中学と都道府県立高校の連携は和歌山県で和歌山大学と同県立星林高校が行っており、全国で2例目というが、和歌山の場合、大学進学の枠は設けていない。横浜国大には付属高校がなく、光陵高は当初、同大教育学部の付属高校として設置することが模索されたこともあり、今回の連携につながった。

 これで、中高一貫による系統的な教育で学力向上を見込むほか、教員の相互交流、大学施設を活用した中高での教育展開ができるようにする。付属中学から光陵高への進学者は、学力検査ではなく調査書と面接で選ぶ。

 このほか、神奈川県教委は県立高校改革の一環として09年度から学力向上を目指し、中高一貫教育を行う中等教育学校を2校設置。また、既存の市町村立中学と県立高校との連携による地域学習などを取り入れた中高一貫教育の実施を愛川町教委に働き掛けている。(

記事を読む   横浜国大付属中と ...

横国大付属中と光陵高、09年から中高一貫コース設置へ

神奈川県の公立中高一貫校

2007/06/26  神奈川新聞社
 横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区)への優先的な入学を視野に入れた、国公立の「中高一貫コース」を県内で設ける構想が二十五日、明らかになった。同大付属中学校(同市南区)と県立光陵高校(同市保土ケ谷区)の連携で、今年の小学校五年生が同付属中に入学する二〇〇九年度から始める。全国的にも珍しい取り組みで、最大で一学年四十人が中高一貫教育で学ぶ。

 一貫教育では中高の六年間を見通したカリキュラム編成で授業を展開でき、生徒にとっても高校入試のプレッシャーを受けずに将来設計を考えながら学校生活を送れるメリットがある。

 付属中では〇九年度から対象の生徒を受け入れ、光陵高はこの年代の生徒が入る一二年度から取り組みを本格化させる。一学年二百四十人規模の光陵高への付属中からの進学者はこれまで多い年で五、六人で、コース化で一学年の二割弱に相当する四十人まで受け入れる態勢を整える。

 入試では付属中出身生徒向けの特別枠を設ける。学力試験を行わず、調査書と面接を中心に合格者を決める。

 入学後は別の中学校出身の生徒とクラスを分けず、大学進学実績向上に向け県教委が指定した進学重点校としての取り組みと連動させる形で授業を行う予定。

 中高の教員交流なども進められるが、光陵高は中高一貫効果を、別の中学校出身者にも反映させたい考えだ。

 横浜国大は光陵高で大学教員による模擬授業などを行う予定。連携による推薦枠などについては今後、検討を進める。

 光陵高は一九六六年の開校前に同大付属高校となる構想があったが、県立高校としてスタートした。県教委は光陵高を連携校に選んだ理由について「歴史的な経緯は関係ない。教育方針と内容で選んだ。神奈川の中等教育のモデルになるような実践を重ねたい」と説明している。

 全国では和歌山県で和歌山大学付属中学と県立星林高校、和歌山大学で同様の取り組みを行っているという。

記事を読む   横国大付属中と光 ...

神奈川県相模原市の公立中高一貫校

神奈川県の公立中高一貫校

 

    神奈川県立相模原中等教育学校

  神奈川県立相模原中等教育学校のホームページ

     学校規模(全学年): 全24クラス960名


     場所: 神奈川県相模原市

     設置年度: 平成21年度

     課程学科: 全日制普通科

     設置形態: 中等教育学校 ( 連携型・併設型・中等教育学校とは?

     学校の特色:

次世代を担うリーダーに必要な「科学・論理的思考力」、「表現コミュニケーション力」、「社会生活実践力」を育成します。

 神奈川県立相模原中等教育学校の基本データ

住所: 〒228-0803 神奈川県相模原市南区相模大野4丁目1-1

最寄駅: 小田急小田原線・江ノ島線「相模大野駅」徒歩10分

おすすめポイント

・次世代を担うリーダー育成が目標

・「読書・暗誦・ドリル」「発表・レポート」「探究・ディベート」が学習の柱

・論理力・コミュニケーション能力を養成

記事を読む   神奈川県相模原市の公立中高一貫校

神奈川県平塚市の公立中高一貫校

神奈川県の公立中高一貫校

 

    神奈川県立平塚中等教育学校

  神奈川県立平塚中等教育学校のホームページ

     学校規模(全学年): 全24クラス960名


     場所: 神奈川県平塚市

     設置年度: 平成21年度

     課程学科: 全日制普通科

     設置形態: 中等教育学校 ( 連携型・併設型・中等教育学校とは?

     学校の特色:

高校入試がなく、6年間にわたって継続的に学習でき、個性や能力を大きく伸ばすことができます。

 神奈川県立平塚中等教育学校の基本データ

住所: 〒254-0074 神奈川県平塚市大原1-13

最寄駅: JR東海道本線「平塚駅」、小田急小田原線「伊勢原駅」よりバス

おすすめポイント

・次世代リーダー育成が目標

・郷土「神奈川」学習にも力を入れている

・表現コミュニケーションカを重視

記事を読む   神奈川県平塚市の公立中高一貫校

神奈川県の公立中高一貫校

神奈川県の公立中高一貫校

 

  神奈川県の公立中高一貫校を紹介します。平成21年度3月時点でのデータとなります。

 

   神奈川県平塚市


      神奈川県立平塚中等教育学校 (平成21年度・中等教育学校)


 


   神奈川県相模原市


      神奈川県立相模原中等教育学校 (平成21年度・中等教育学校)


 

    ※詳細は、文部科学省ホームページにてご確認ください

記事を読む   神奈川県の公立中高一貫校

PAGE TOP