公立中高一貫校設立の風景

大学全入時代を控えて

中央教育審議会は2005年7月、

「大学全入時代」が従来の予想より2年早く、2007年度に到来する」
と発表した。

少子化と大学志願率の頭打ちで
大学・短大の進学希望者数と大学の合格者総数が2007年度に同じになる
と試算している。

その予測に先立ち、2006年春、4年制私立大学のうち40%の大学で定員割れが起こり、短大では半分以上の大学で定員割れが起こっている。

産経新聞 2006/7/25



私大定員割れ40% 今春 地域・規模 進む二極化 

今春の入試で、入学者が定員に満たなかった4年制私立大学の割合が前年度の
29・5%から40・4%に急増し、過去最高となったことが、日本私立学校
振興・共済事業団の調べで分かった。

542校中160校(29.5%)が定員割れした前年度から62校も増加した。

定員割れ率は99年度に10%を突破。00年度から30%前後をたどり、今年
度初めて4割を超えた。

また、定員の5割にも満たない学校は前年度から3校増えて20校(3.6%)
となった。
 
しかし、入学定員3000人以上のマンモス大学(23校)だけを見ると、志願
倍率は10倍を超え、志願者数も約5万人増加。全体の約4%のマンモス大で志
願者全体の約45%を占めている状況だ。

学生数の規模や地域における人気の格差は拡大。中規模以下の大学の定員充足率
が大幅に悪化する半面、大規模大学はあまり変動がなかった。


定員割れが常態化している大学と志願倍率が10倍を越える大学。
全体の4%のマンモス大学が志願者全体の45%を占める状況。

まさに今の世の中で言われる「富める者とそうでない者」という二極化、わかりやすく言えば、「勝ち組と負け組」が大学の志願状況にも表れているといえそうです。

のちの詳しく掲載していきますが、2006年高校別東大合格者数の20位までのうち、公立高校は3校、国立が3校、私立は17校という結果が出ました。東大のみならず、難関大学への合格者は私立の中高一貫校の一人勝ち状態。

これが公立の中高一貫校が全国でものすごい勢いで設立されている今を取り巻く風景である。

「大学全入時代」と「中高一貫」ブーム。私立中高一貫校の難関校独占。

今の子供たちには、どんな未来が待ち受けているのか。

雨後の竹の子のごとく設立される「公立中高一貫校」を軸にこれから一緒に考えていきましょう。

記事を読む   公立中高一貫校設立の風景

PAGE TOP